さて、今日はなにをしよう^^

特にこれといったお題はありませんが、ま~きっと私の趣味を書いていくことになるのかな?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03



プロフィール

ティーチャー

Author:ティーチャー
趣味に生きよう!
最近は自転車関連と子供のゲームばっかだな~。

検索フォーム
ランボルギーニカウンタック
ブログで世界旅行(オランダ編)


presented by オランダ旅行

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレリュードType-Sの軽量化 第4話 助手席

さて~、次はどこ外しちゃおうかな~と考えている最中だったりしてますが、
手っ取り早くはずせる助手席でいいや。

コレは簡単、シートレールを固定しているボルト4本取るだけだからね~。後ろ側には樹脂カバーが付いてるけどこんなものはマイナスドライバーで力ずくでエイっとやればいい。
あとバネも付いてたけどヒョイっと取れるので簡単簡単。

でもな~、重量の左右バランスがな~、運転席側に偏り過ぎちゃう気がするんだよね~。
助手席の重さ量ったら、14.8kg位か・・・う~ん。

DSC02199_10.jpg

そうか!オイサンの体重が60kg弱だから、75kg位の人が普段運転してるのと重量バランス的には近いって考えちゃえばいいんだ!よし(`ー´)b 問題ない気がしてきたー。

おっと、あと一つ思い出した。
第一話で書いた冷媒(HFC-134a)のディーラーで抜いてもらった分も重さはある筈なので
いったいどの位なのか?気になってたんだけど、資料で見つけましたよ~。750gって書いてある。
よしっ、じゃあ少なく見積もって0.7kgと考えていいか。

え~っと今までのを合計してみると
冷媒 0.7
レシーバタンク   0.6
コンデンサ     2.43
クーリングユニット 3.07
助手席       14.8
----------------------------
合計        21.60kg
スポンサーサイト

テーマ : 愛車    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment


Body

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。