さて、今日はなにをしよう^^

特にこれといったお題はありませんが、ま~きっと私の趣味を書いていくことになるのかな?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07



プロフィール

ティーチャー

Author:ティーチャー
趣味に生きよう!
最近は自転車関連と子供のゲームばっかだな~。

検索フォーム
ランボルギーニカウンタック
ブログで世界旅行(オランダ編)


presented by オランダ旅行

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAVIC R-SYSが気になっちゃう人への情報

病のせいで最近ロードバイクにずっと乗れておらず、ブログの方も自転車関連の話題は書いてませんでしたが
久しぶりの自転車関連話題です^^

コンタドール、ドーピングでツール・ド・フランスの優勝剥奪~!!
@0@ エーッ!!マジ?今頃?というのはネットニュースで見ました。
いや~、驚きですね。ここ数年かもしれませんが、かなり薬物に対する検査が厳しくなった様で
プロ選手はヘタげなものは摂取できなくて大変だな~なんて思います。
よく聞くのは風邪薬がダメとか、コーラのカフェインもダメとかね、聞いたことがあります。

あ、コンタドールのニュース見たので話題に出しましたが、今日のお題は 
Mavic R-SYS こっちが主です^^;

Mavic R-SYSの良いところは
 1.MAVIC最新である     → 好印象、友人から驚きの声が上がり、写真取られること間違いなし。
 2.カーボンスポークである → 乗り心地が全然違う(良い)カーボンの振動吸収性による
 3.軽量である       → 単純に重量の軽さの他、漕ぎ出しの軽さも!
 4.リムがアルミである   → カーボン用のブレーキシューにイチイチ変える必要がない

ではデメリットはというと
 1.やっぱりお値段が高い
 2.怖い

やっぱり2番がね~、ちょっとあるよね~。
実際2009年頭にリコール出ておりスポークの折れた写真や動画を見ると・・・
怖くて乗れん、というのが正直なところです。
ま、リコール後は剛性やら強度やらガッツリ上げて問題無いらしいので
2010年以降のモデルであればOK!

方向性としては
 軽量性を生かしてヒルクラの勝負ホイール、もしくは
 乗り心地、振動吸収性の良さを生かしロングライド向けに、とかが良さそうですね^^



おまけ
R-SYS SLだと重量はこんな感じ。
フロントホイール : 545 グラム
リアホイールM10 : 765 グラム
リアホイールED11 : 750 グラム
ペアの重量: 1295 グラム
スポンサーサイト

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

買っちゃいそう
解説あざーす。
狙っているのは2011モデルのR-Sys赤です。日本では売り切れているので、海外から買うしかないのですが、やはり海外は安いですねー。それでも8万円~で、高いですが、勢いでボタンを押しそうです!!!

Leave a Comment


Body

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。