さて、今日はなにをしよう^^

特にこれといったお題はありませんが、ま~きっと私の趣味を書いていくことになるのかな?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05



プロフィール

ティーチャー

Author:ティーチャー
趣味に生きよう!
最近は自転車関連と子供のゲームばっかだな~。

検索フォーム
ランボルギーニカウンタック
ブログで世界旅行(オランダ編)


presented by オランダ旅行

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーキニストが行く 4.冬にも負けない装備

季節的にまだ早い話題ですが、最初に挙げた順番で説明していますので
今日は自転車の冬の服装、防寒対策などをご紹介します。

私の住む場所の気温は、冬のもっとも冷え込みの激しい時期で-5℃前後といったところ。
通勤でロードに乗る時間は大体30分程(MTBだと35分位)なので、その時間耐えることができればOKです^^

今まで冬用装備として購入したもののインプレをば、

1.頭     ホームセンターとかで買った毛糸の帽子(耳まで隠れるもの)
    →防寒的にはまったく問題なし。厚手すぎるとヘルメットかぶり難い。

2.顔     パールイズミ 488 フェイスマスク
  
    →マイナス5℃で顔出したまま走行していると20分くらいで
     鼻の感覚なくなってきます。(アレ?鼻が取れて無くなってる?って感覚)
     スキー用の鼻まで隠れるフェイスマスクも考えましたがアレは口が開いていないのでNG
     パールイズミのフェイスマスクは口元を開けることも閉めることもできるので買ってみましたが、
     私的には今一歩と言ったところ。
      壱.口元を開けても、大きく開くわけでは無いので息の掛かる部分が
        結局ベチャベチャになってしまう。(コレが嫌でスキー用フェイスマスクは辞めたのに)
      弐.マスクを装着するとやや鼻が潰れる様になり、気になる。本当に厳寒のとき意外は付けたくない。
     防寒でみれば効果は当然あります。鼻の感覚が無くならないってのはマルだけど・・・。
     鼻が潰れず口が開いてるものがあれば購入したいところですが、まあ今はまだありません。

私の要件には↓コッチのが合ってるのかも。頭、顔まとめて覆い隠せるし。


3.ジャケット パールイズミの3500-BL ウインドブレークジャケット
  
    →コレはパールイズミの商品説明では気温5℃位となっているものですが、タンクトップタイツと
     組み合わせている為、-5℃の厳冬でもまったく問題ないです。ちょうど良いくらい(^^)b

4.グローブ  パールイズミのグローブ7215
  
    →ジャケットとまったく同じカラーリングのため購入してしまったもの。(見た目OK!)
     パールイズミの商品説明ではヤッパリ気温5℃までのもので、まさにその通り。
     -5℃の厳冬でこのグローブは効きません。手袋に関しては最高のものを購入するのが良いと思います。

  
    →そもそもコッチ買うつもりでした。絶対こちらの方がおすすめです。

  ハンドルを握り難い、グローブの中が汗でベタベタになるのを我慢できれば、
  防寒機能的にはスキー用グローブが強いですね。

5.タイツ   パールイズミのT1600-3D プレミアム ウィンドブレーク タンクトップタイツ
  
    →これは快適そのもの。30分なんて言わず、いつまでも大丈夫な感じでまさに専用装備。
     冬はお腹周りもガードしてくれるタンクトップ型タイツが私的にはお勧め。
     男性であればダブルジッパー(っていうの?)でオシッコも問題なくできますよ~w
     他、一点だけ思ったこと改善して欲しいことを言うと、足の土踏まずまで生地があれば完璧だな~と思いました。
     でも、値段に見合った機能、快適性を持っているのでコレはこれでOKです。

6.シューズ  SHIMANO(シマノ)SPD-SL/SPD SH-R086WE
  

    →全然冬用でない普通のロードバイクシューズ、つま先裏に空気を取り入れる大きめの穴が開いており
     夏は足がムレないが、逆に冬はどうにもならない。それをいったいどうしているか?というと
      壱.シューズカバー
      弐.クロロプレーン素材のソックス
      参.つま先裏の穴をちぎったティッシュで埋めてふさぐ(人にばれない様に上手にね^^;)
     と、ここまでやればま~30分は持つけど、ぎりぎりってとこですかね~。シューズカバーメンドクサイいし。
     やっぱ冬専用のシューズ欲しいけど、高くてまだ買えませ~ん。
      


ジャケットやタイツでそれなりにしっかりした物を買っても、手の指、足のつま先、耳、鼻など末端が厳しく
すべて揃えないと長時間のロード走行は結局無理。

まとめ
 -5℃位の気温を乗り越えたいなら、それぞれ最高クラスのものを選ぶのが良いが
 冬の服装、装備は金銭的にキツイ。
 1シーズンに一つ良いものを買ってく感じ。

以上。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。