さて、今日はなにをしよう^^

特にこれといったお題はありませんが、ま~きっと私の趣味を書いていくことになるのかな?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03



プロフィール

ティーチャー

Author:ティーチャー
趣味に生きよう!
最近は自転車関連と子供のゲームばっかだな~。

検索フォーム
ランボルギーニカウンタック
ブログで世界旅行(オランダ編)


presented by オランダ旅行

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーキニストが行く 1.自転車おすすめライト

最近時の自転車ブームは相当なもので、私はてっきり日本だけの一時的なブームかと思っていましたが地球温暖化や化石燃料の枯渇、生活習慣病などの観点からどうやら世界的ブームなのだそうだ。なんだかNHKのクローズアップ現代でも取り上げられたそうな。

かく言う私も職場の後輩のロードバイクを見せて貰ったのを発端に、3年ほど前から完全にハマッてしまった口なんですけどね^^;
ただ、私の3人の子はまだ小さく休日に家族をほったらかして練習に行くことはナカナカできない。

つ~ことで日々の通勤こそ、ガソリン代浮かせられ、練習代わりにもなり、会社までの移動時間は僅かに増えるだけ。見事ツーキニストの誕生です

ツーキニストの皆さんの困りごとといえば
 1.夜でも明るいライト欲しい。(個人的には車の遠目ライトに負けたくない!)
 2.パンク・・・特にロードレーサー、パンク多し。
 3.汗ビショビショで会社で臭くなってしまう。
 4.冬寒い・・・手、足、顔、耳とか末端がキツイ。
 5.雨の日はチョット。
 6.準備するものが多く、何か一つ忘れる。

こんな所でしょうか?
今回は1.の自転車ライト、最強とまではいかないかも知れませんが私のお勧めを紹介します。
RATYサイクルチームのチームメイトに進められたGENTOSを皮切りに、自分なりに調査した結果です。

百聞は一見にしかず、この写真をご覧下さい。
DSC03936_70.jpg

左がお勧めの"米国CREE社製-Q5LED球懐中電灯"(といっても、本体やパッケージなど全て中国製なので安いよ^^)
右が2年間愛用していたCATEYEのHL-EL135です。違いは歴然。全然違います!!
一応断っておきますが、左のお勧めライトはフル充電状態、右のCATEYEも新品の単3アルカリ乾電池をセットしています。

米国CREE社製-Q5LED球懐中電灯
 

商品としてはCATEYEの方が何倍も完成度は高く、お勧めライトは突っ込みどころ満載だったりもしますが(北を向かない方位磁石が後ろに付いてるってどういう事?っとかねw)そんなのはご愛嬌、
電池でなくバッテリー充電式で、明るくて(200ルーメン)、しかもバカみたいに大きすぎない、で、値段が安い!
コストパフォーマンスは最高です。
私の欲しかった車にも負けない明るいライトとまでは行きませんが1歩と言わず2歩近づいた感がありました。
コレはお勧めです!

2011/10/23
"米国CREE社製-Q5LED球懐中電灯"の悪いところを一つ発見したので追記します。

このライト、明るさを 強→弱→点滅 と変えられるのですが、
ガタガタの舗装路など道の悪いところでそのライトの強度が勝手に変わってしまうことがあります。
暗い夜道では当然"強"の状態で走行するので勝手に"弱"に切り替わると元の"強"に戻そうとしてしまい片手走行となったり、意識がライトに向いてしまいその分周りへの注意力が低下してしまい危険度が増します。これはイタダケません。
お勧めを取り下げます。

ということで代わりのお勧めは、
GENTOS(ジェントス)のSG-325かな?乾電池式なのが個人的にはマイナスポイントですけどね^^;

【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間】
 

次は↓コイツを試そうと考えてますので、こうご期待下さい。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。